アカクテハヤイフェラーリF1

「アカクテハヤイフェラーリF1」は、フェラーリに関する情報を
フェラーリ好きの一個人がまとめたサイトです。

トップ > ミニカー > バン

フェラーリミニカーコレクション

■Bang(バン)

F355GTS PACECAR(Bang 1/43)
恵比寿のミスタークラフトで購入。1996年にイタリアで開催されていたF355のワンメイクレース「F355チャレンジ」で、MISANOサーキットのペースカーらしい。詳細は不明。深紅のフェラーリもいいけど、スポンサーロゴのマシンも好き。ミスタークラフトで何かないかなと探していて、一目ぼれしてしまいました。このBang(バン)と言うブランドは、古いマシンもモデル化してますし、他のメーカーが製品化しないものを作っている。コレクターの事が良く分ってる。


456GT SAFETY CAR(Bang 1/43)
渋谷のミニカーショップ「イケダ」で購入。「AUTODROMO NAZIONALE MONZA(モンツア・サーキット)」のセーフティーカーらしい。最近のF1グランプリでは、どのサーキットでもメルセデスのセーフティーカーなので、イタリアGPで「456GTセーフティーカー」を見た記憶がない。


250TR(Bang 1/43)
2953ccV12 1気筒あたりの排気量250ccからネーミング。60度V型で、コロンボ系250ユニットと呼ばれるエンジンを搭載。「TR」はテスタロッサの意味で、カムカバーが赤く塗装されていたことから。テスタ(頭)ロッサ(赤い)と呼ばれる。ル・マン24時間レースで毎年活躍したマシン。年式によりデザインも変わるので、TR/58、TR/59、TR/60、TRI/61のように区別される。「ポンツーン・フェンダー」が特徴的なマシン。


ディーノ246GT(Bang 1/43)
2.4リッターV6からネーミング。ヴィットリオ・ヤーノとエンツォの息子「アルフレディーノ」が設計したV6エンジンであることから、「Dino」と呼ばれる。「Dino」は別ブランドの為、「フェラーリの名前を冠しないフェラーリ」とも呼ばれる。当初は1986ccエンジンの「206GT」としてデビュー。後に排気量アップやスパイダーモデルの「246GT」→「246GTS」へと進化していった。


■ミニカーメーカー別










SNS


ページのトップへ戻る