アカクテハヤイフェラーリF1

「アカクテハヤイフェラーリF1」は、フェラーリに関する情報を
フェラーリ好きの一個人がまとめたサイトです。

トップ > ミニカー > ダイドーデミタスコーヒー第2弾

フェラーリミニカーコレクション

■ダイドーデミタスコーヒー キャンペーンミニカー ロードカー第2弾

250GTベルリネッタ・ルッソ(京商製1/64)

1962年 2953ccV12 1気筒あたりの排気量250ccからネーミング。コロンボ系250ユニット搭載。250GTの最終モデル。russoはイタリア語で「豪華」を意味する。高級ツーリング・カーとして販売された。
画像は京商製1/64モデル。ダイドーデミタスコーヒーキャンペーンモデル。


308GTB(京商製1/64)

1975年 2926ccV8 3リッターV8エンジンからネーミング。フェラーリのミッドシップV8の最初のモデル。328→348→355→360→430と進化していった。


575Mマラネロ(京商製1/64)

2002年 5748ccV12フロントエンジン 5.75リッター モディファイからネーミング。550マラネロからスープアップ。排気量アップにともなってインテークが大きくなった程度で外観上はほとんど変わらない。パドルシフトによる2ペダルの「F1マチック」が搭載された。「M」はモディファイのイタリア語「モディフィケート」を意味する。


250LM(京商製1/64)


330P4(京商製1/64)

Wチャンスモデル
このミニカーのブログ記事


■ミニカーメーカー別










SNS


ページのトップへ戻る