アカクテハヤイフェラーリF1

「アカクテハヤイフェラーリF1」は、フェラーリに関する情報を
フェラーリ好きの一個人がまとめたサイトです。

トップ > F1グランプリ > 2018年

F1グランプリの歴史

■2018年

スクーデリアさん!そろそろお願いしますよ!

MACHINE :
SF71H(1.6リッターV6ターボ)
マシンデザイン :
マッティア・ビノット(チーフテクニカルオフィサー)
DRIVER :
セバスチャン・ベッテル(No.5) 4年目:新3年契約の1年目
キミ・ライコネン(No.7) 契約5年目 単年契約
開発ドライバー:ダニール・クビアト


1.6リッターV6ターボの5年目。
年間のPU(パワーユニット)使用台数がドライバー1人あたり3台に。
かっこ悪いHalo(ヘイロー)が導入・・・
F1のロゴが新しくなった。不評だけど・・・
トロロッソ・ホンダが誕生!
マクラーレンはホンダからルノーへスイッチ!
アロンソはまさかのマクラーレン・ルノーに残留・・・
アルファロメオがザウバーと組んでF1に復活!PUはフェラーリ!
モニシャ・カルテンボーンはどこに行っちゃったのか?
マッサはF1引退して何をしているのか?
ロバート・クビサはウィリアムズのレギュラードライバーにはなれず。リザーブ兼開発ドライバーに。
リカルドはシューイをまだやっているのか?
マルティニが2018年限りでウィリズムズのスポンサー辞めるってよ!
2018年6月19日、ホンダがレッドブル・レーシングに2019年シーズンから2年間のパワーユニット(PU)供給について合意したと発表!
7月25日、セルジオ・マルキオンネ会長急逝。合掌。
アロンソがF1の夏休み中に2019年はF1に参戦しないと発表。2019年は何をするんだろう?
フォースインディアからサハラが消えた。さて、チームはどうなる?
フェラーリがライコネンを放出・・・ザウバーに加入!
フェラーリが2019年からルクレール起用を発表!


■2018年F1カレンダー(2017/3/19 FIA世界モータースポーツ評議会承認)
第1戦 3月25日 オーストラリア(メルボルン:アルバート・パーク・サーキット)
予選  セバスチャン・ベッテル 3位  キミ・ライコネン 2位
決勝  セバスチャン・ベッテル 優勝  キミ・ライコネン 3位
レースリポート

第2戦 4月8日 バーレーン(サクヒール:バーレーン・インターナショナル・サーキット)
予選  セバスチャン・ベッテル PP  キミ・ライコネン 2位
決勝  セバスチャン・ベッテル 優勝  キミ・ライコネン リタイア
レースリポート

第3戦 4月15日 中国(上海:上海インターナショナルサーキット)
予選  セバスチャン・ベッテル PP  キミ・ライコネン 2位
決勝  セバスチャン・ベッテル 8位  キミ・ライコネン 3位
レースリポート

第4戦 4月29日 アゼルバイジャン(バクー:市街地サーキット)
予選  セバスチャン・ベッテル PP  キミ・ライコネン 6位
決勝  セバスチャン・ベッテル 4位  キミ・ライコネン 2位
レースリポート

第5戦 5月13日 スペイン(バルセロナ:カタルーニャ・サーキット)
予選  セバスチャン・ベッテル 3位  キミ・ライコネン 4位
決勝  セバスチャン・ベッテル 4位  キミ・ライコネン リタイア
レースリポート

第6戦 5月27日 モナコ(モンテカルロ:市街地サーキット)
予選  セバスチャン・ベッテル 2位  キミ・ライコネン 4位
決勝  セバスチャン・ベッテル 2位  キミ・ライコネン 4位
レースリポート

第7戦 6月10日 カナダ(モントリオール:ジル・ビルヌーブ・サーキット)
予選  セバスチャン・ベッテル PP  キミ・ライコネン 5位
決勝  セバスチャン・ベッテル 優勝  キミ・ライコネン 6位
レースリポート

第8戦 6月24日 フランス(ル・カステレト:ポール・リカール・サーキット)
予選  セバスチャン・ベッテル 3位  キミ・ライコネン 6位
決勝  セバスチャン・ベッテル 5位  キミ・ライコネン 3位
レースリポート

第9戦 7月1日 オーストリア(シュピールベルク:レッドブルリンク)
予選  セバスチャン・ベッテル 3位  キミ・ライコネン 4位
決勝  セバスチャン・ベッテル 3位  キミ・ライコネン 2位
レースリポート

第10戦 7月8日 イギリス(シルバーストン:シルバーストンサーキット)
予選  セバスチャン・ベッテル 2位  キミ・ライコネン 3位
決勝  セバスチャン・ベッテル 優勝  キミ・ライコネン 3位
レースリポート

第11戦 7月22日 ドイツ(ホッケンハイム:ホッケンハイムリンク)
予選  セバスチャン・ベッテル PP  キミ・ライコネン 3位
決勝  セバスチャン・ベッテル リタイア  キミ・ライコネン 3位
レースリポート

第12戦 7月29日 ハンガリー(ハンガロリンク)
予選  セバスチャン・ベッテル 4位  キミ・ライコネン 3位
決勝  セバスチャン・ベッテル 2位  キミ・ライコネン 3位
レースリポート

第13戦 8月26日 ベルギー(スパ・フランコルシャン)
予選  セバスチャン・ベッテル 2位  キミ・ライコネン 6位
決勝  セバスチャン・ベッテル 優勝  キミ・ライコネン リタイア
レースリポート

第14戦 9月2日 イタリア(モンツァ)
予選  セバスチャン・ベッテル 2位  キミ・ライコネン PP
決勝  セバスチャン・ベッテル 4位  キミ・ライコネン 2位
レースリポート

第15戦 9月16日 シンガポール(シンガポール マリーナ・ベイ)
予選  セバスチャン・ベッテル 3位  キミ・ライコネン 5位
決勝  セバスチャン・ベッテル 3位  キミ・ライコネン 5位
レースリポート

第16戦 9月30日 ロシアGP(ソチ)
予選  セバスチャン・ベッテル 3位  キミ・ライコネン 4位
決勝  セバスチャン・ベッテル 3位  キミ・ライコネン 4位
レースリポート

第17戦 10月7日 日本(鈴鹿)
予選  セバスチャン・ベッテル 9位  キミ・ライコネン 4位
決勝  セバスチャン・ベッテル 6位  キミ・ライコネン 5位
レースリポート

第18戦 10月21日 アメリカ(オースティン:サーッキト・オブ・ジ・アメリカズ)
予選  セバスチャン・ベッテル 2位  キミ・ライコネン 3位
決勝  セバスチャン・ベッテル 4位  キミ・ライコネン 優勝
レースリポート

第19戦 10月28日 メキシコ(メキシコシティ:エルマノス・ロドリゲス・サーキット)
予選  セバスチャン・ベッテル 4位  キミ・ライコネン 6位
決勝  セバスチャン・ベッテル 2位  キミ・ライコネン 3位
レースリポート

第20戦 11月11日 ブラジル(サンパウロ:インテルラゴス・サーキット)
第21戦 11月25日 アブダビ(ヤス・マリーナ)

フランス、オーストリア、イギリスは3週連続開催
※マレーシアGP 消滅
※フランスGP 復活
※ドイツGP 復活


▼2018年エントリーリスト
※カーナンバーは固定ナンバー制
※並びは前年2017年チームランキング順

■メルセデスAMGペトロナス
パワーユニット : メルセデス
マシン : W09
No.44 ルイス・ハミルトン(イギリス)
No.77 バルテリ・ボッタス(フィンランド) 


■スクーデリア・フェラーリ
パワーユニット : フェラーリ
マシン : SF71H(コードネーム669)
No.5 セバスチャン・ベッテル(ドイツ)
No.7 キミ・ライコネン(フィンランド)



■レッドブル・レーシング
パワーユニット : タグ・ホイヤー(ルノー)
マシン : RB14
No.3 ダニエル・リカルド(オーストラリア)
No.33 マックス・フェルスタッペン(オランダ)


■サハラ・フォース・インディアF1
パワーユニット : メルセデス
マシン : VJM11
No.11 セルジオ・ペレス(メキシコ)
No.31 エステバン・オコン(フランス)


■ウィリアムズ・マルティニ・レーシング
パワーユニット : メルセデス
マシン : FW41
No.35 セルゲイ・シロトキン(ロシア)※ルーキー
No.18 ランス・ストロール(カナダ)


■ルノー・スポールF1
パワーユニット : ルノー
マシン : R.S.18
No.27 ニコ・ヒュルケンベルグ(ドイツ)
No.55 カルロス・サインツJr(スペイン)※2017年アメリカGPよりトロ・ロッソから移籍



■スクーデリア・トロ・ロッソ
パワーユニット : ホンダ
マシン : STR13
No.10 ピエール・ガスリー(フランス)※2017年途中からトロ・ロッソに加入
No.28 ブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)※2017年途中からトロ・ロッソに加入


■ハース
パワーユニット : フェラーリ
マシン : VF-18
No.8 ロメ・グロジャン(フランス)
No.20 ケビン・マグヌッセン(デンマーク)


■マクラーレン・ルノー
パワーユニット : ルノー
マシン : MCL33
No.14 フェルナンド・アロンソ(スペイン)
No.2 ストフェル・バンドーン(ベルギー)


■アルファロメオ・ザウバーF1チーム
パワーユニット : フェラーリ
マシン : C37
No.9 マーカス・エリクソン(スウェーデン)
No.16 シャルル・ルクレール(モナコ)※ルーキー

●F1からサヨウナラのドライバーたち
No.30 ジョリオン・パーマー(イギリス)ルノーから見限られた
No.26 ダニール・クビアト(ロシア)レッドブルから見限られた。まさかのフェラーリの開発ドライバーに!
No.19 フェリペ・マッサ(ブラジル) 引退
No.94 パスカル・ウェーレイン(ドイツ)メルセデスのテストドライバーに。




シーズン


SNS



ページのトップへ戻る