アカクテハヤイフェラーリF1

「アカクテハヤイフェラーリF1」は、フェラーリに関する情報を
フェラーリ好きの一個人がまとめたサイトです。

トップ > F1グランプリ > 2008年

F1グランプリの歴史

■2008年

マッサ3年目。ライコネン2年目。コンストラクターズタイトル連覇。マッサは1ポイント差でドライバーズタイトルを逃す・・・。

MACHINE :
F2008(2.4リッターV8)
マシンデザイン :
ニコラス・トムバジス(チーフデザイナー)
アルド・コスタ(シャーシ担当テクニカルエンジニア)
DRIVER :
キミ・ライコネン(No.1) (契約2年目)
フェリペ・マッサ(No.2) (契約3年目)
TEST DRIVER : ルカ・バドエル/マルク・ジェネ


マッサの契約がこの年2008年末までの予定だったが2010年まで2年延長された。
ライコネンの契約がこの年2009年末までの予定だったが2010年まで1年延長された。

プロドライブがマクラーレンのシャシーとメルセデスのエンジンを搭載して参戦しているはずだったが、カスタマーシャシー問題が解決せず参戦を断念。
スパイカーが2007年に買収されて、「フォース・インディア」として2008年から参戦。
しかし、このチーム毎年買収されてます。 ジョーダン → ミッドランド → スパイカー → フォース・インディア。
2009年も買収されたりして・・・。ある意味それも期待してしまいます。
でも、まずは2008年の「フォース・インディア」のリザルトに期待したい。フェラーリエンジンだからね!

第12戦ヨーロッパGPは、スペイン・バレンシアで公道レースとして開催。契約期間は7年間。スペインGP(バルセロナ)の契約は2011年まであるので、スペインでは年に2回開催されることになる。バブルの頃の日本のようだ。ティフォシ熱望のサンマリノGPの復活は残念ながらならなかった。

第15戦シンガポールGPがナイトレースで開催される。とりあえず2008年がナイトレースであることは発表されている。成功すれば2015年までナイトレースだろう。しかし、オフシーズンの夜間テストは中止になるし、実際どうなんだろう・・・。うまくいくのか?

いくつかレギュレーションが変更になっている。
●ローンチコントロール(発進のときの電子制御)とトラクションコントロール、エンジンブレーキコントロールを含むドライバー補助装置が禁止
●全車スタンダードECUを使用
●ギヤボックスは4レース使用
●予選方式の変更
Q1 15分 → 20分(5分延長) 下位6台脱落 燃料搭載量自由 決勝レース前日14:00~14:20
インターバル7分
Q2 15分 → 15分(変更なし) 下位6台脱落 燃料搭載量自由(一番軽いはずなので予選最速タイムはQ2で出るはず。) 14:27~14:42
インターバル8分
Q3 15分 → 10分(5分短縮) 燃料搭載量自由(但しQ3終了後の燃料返却はなし=実質1回目のピットストップ+Q3用の燃料を搭載するはず) 14:50~15:00

過去にトラクションコントロールなしを経験しているドライバーと経験していないドライバーの差はでるだろか? マッサは未経験なのでちょっと不安だが・・・。

また、2008年はひとつのギアボックスを4レースで使用しなくてはならない。フェラーリは2007年に何度かギアボックス絡みのトラブルがあったので少し心配。

アメリカGPは開催されないことが正式に決定。

日本GPは富士と鈴鹿の隔年開催になっている。2007年は富士でドライバーからも観客からも不評だったが2008年も富士で開催される・・・。


▼2008年エントリーリスト

■スクーデリア・フェラーリ・マールボロ
エンジン : フェラーリ
マシン : F2008
No.1 キミ・ライコネン(フィンランド)
No.2 フェリペ・マッサ(ブラジル)

■BMWザウバーF1チーム
エンジン : BMW
マシン : F1.08
No.3 ニック・ハイドフェルド(ドイツ)
No.4 ロバート・クビサ(ポーランド)

■ルノーF1チーム
エンジン : ルノー
マシン : R28
No.5 フェルナンド・アロンソ(スペイン)
No.6 ネルソン・ピケJr(ブラジル)

■AT&Tウィリアムズ
エンジン : トヨタ
マシン : FW30
No.7 ニコ・ロズベルグ(ドイツ)
No.8 中嶋一貴(日本)

■レッドブル・レーシング
エンジン : ルノー
マシン : RB4
No.9 デビッド・クルサード(イギリス)
No.10 マーク・ウェバー(オーストラリア)

■パナソニック・トヨタ・レーシング
エンジン : トヨタ
マシン : TF108
No.11 ヤルノ・トゥルーリ(イタリア)
No.12 ティモ・グロック(ドイツ)

■スクーデリア・トロ・ロッソ
エンジン : フェラーリ
マシン : STR2B/STR3
No.14 セバスチャン・ブルデー(フランス)
No.15 セバスチャン・ベッテル(ドイツ)

■ホンダ・レーシング・F1チーム
エンジン : ホンダ
マシン : RA108
No.16 ジェンソン・バトン(イギリス)
No.17 ルーベンス・バリチェロ(ブラジル)

■スーパーアグリF1チーム
エンジン : ホンダ
マシン : SA08B
No.18 佐藤琢磨(日本)
No.19 アンソニー・デビッドソン(イギリス)

■フォース・インディアF1チーム
エンジン : フェラーリ
マシン : VJM01
No.20 エイドリアン・スーティル(ドイツ)
No.21 ジャンカルロ・フィジケラ(イタリア)

■ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス
エンジン : メルセデス
マシン : MP4-23
No.22 ルイス・ハミルトン(イギリス)
No.23 ヘイキ・コバライネン(フィンランド)





【日程】

Rd.01 3/16 オーストラリアGP  (アルバートパーク・サーキット) (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン16位(Q1タイムアタック後ピットに戻れず) フェリペ・マッサ4位
決勝  キミ・ライコネン 8位完走扱い(53周ストップ)  フェリペ・マッサ 29周リタイア

Rd.02 3/23 マレーシアGP  (セパン・インターナショナル・サーキット) (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 2位   フェリペ・マッサ 1位
決勝  キミ・ライコネン 優勝   フェリペ・マッサ 30周リタイア

Rd.03 4/6 バーレーンGP  (バーレーン・インターナショナル・サーキット) (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 2位   フェリペ・マッサ 4位
決勝  キミ・ライコネン 2位   フェリペ・マッサ 優勝

Rd.04 4/27 スペインGP  (サーキット・ド・カタロニア) (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 1位   フェリペ・マッサ 3位
決勝  キミ・ライコネン 優勝   フェリペ・マッサ 2位

Rd.05 5/11 トルコGP  (イスタンブールパーク・サーキット) (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 4位   フェリペ・マッサ 1位
決勝  キミ・ライコネン 3位   フェリペ・マッサ 優勝

Rd.06 5/25 モナコGP  (モンテカルロ市街地コース) (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 2位   フェリペ・マッサ 1位
決勝  キミ・ライコネン 9位   フェリペ・マッサ 3位

Rd.07 6/8 カナダGP  (サーキット・ジル・ビルヌーブ) (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 3位   フェリペ・マッサ 6位
決勝  キミ・ライコネン リタイア   フェリペ・マッサ 5位

Rd.08 6/22 フランスGP  (サーキット・ド・マニ-クール) (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 3位   フェリペ・マッサ 9位
決勝  キミ・ライコネン 2位   フェリペ・マッサ 優勝

Rd.09 7/6 イギリスGP  (シルバーストン・サーキット) (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 1位   フェリペ・マッサ 2位
決勝  キミ・ライコネン 4位   フェリペ・マッサ 13位

Rd.10 7/20 ドイツGP  (ホッケンハイムリンク) (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 6位   フェリペ・マッサ 2位
決勝  キミ・ライコネン 6位   フェリペ・マッサ 3位

Rd.11 8/3 ハンガリーGP  (ハンガロリンク) (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 6位   フェリペ・マッサ 3位
決勝  キミ・ライコネン 3位   フェリペ・マッサ 17位完走扱い (残り3周STOP)

Rd.12 8/24 ヨーロッパGP (バレンシア市街地コース) (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 4位   フェリペ・マッサ 1位
決勝  キミ・ライコネン リタイア  フェリペ・マッサ 優勝

Rd.13 9/7 ベルギーGP  (サーキット・ド・スパ-フランコルシャン) (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 4位   フェリペ・マッサ 2位
決勝  キミ・ライコネン 18位完走扱い (残り2周スピン・クラッシュ)  フェリペ・マッサ 優勝

Rd.14 9/14 イタリアGP  (アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ) (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 14位   フェリペ・マッサ 6位
決勝  キミ・ライコネン 9位  フェリペ・マッサ 6位

Rd.15 9/28 シンガポールGP  (シンガポール市街地コース) ※F1史上初のナイトレース (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 3位   フェリペ・マッサ 1位
決勝  キミ・ライコネン 18位完走扱い (残り4周クラッシュ)  フェリペ・マッサ 13位

Rd.16 10/12 日本GP  (富士スピードウェイ) (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 2位   フェリペ・マッサ 5位
決勝  キミ・ライコネン 3位  フェリペ・マッサ 7位

Rd.17 10/19 中国GP  (上海インターナショナル・サーキット) (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 2位   フェリペ・マッサ 3位
決勝  キミ・ライコネン 3位  フェリペ・マッサ 2位

Rd.18 11/2 ブラジルGP  (アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ)
 (←グーグルMapで見る
予選  キミ・ライコネン 4位   フェリペ・マッサ 1位
決勝  キミ・ライコネン 3位  フェリペ・マッサ 優勝

シーズン


SNS



ページのトップへ戻る