アカクテハヤイフェラーリF1

「アカクテハヤイフェラーリF1」は、フェラーリに関する情報を
フェラーリ好きの一個人がまとめたサイトです。

トップ > F1グランプリ > 2002年

F1グランプリの歴史

■2002年

シューマッハー3年連続チャンピオン。フェラーリ17戦15勝コンストラクターズ・タイトルも獲得。

MACHINE :
F2002(3リッターV10)
マシンデザイン :
ロリー・バーン
DRIVER :
ミハエル・シューマッハー(No.1)
ルーベンス・バリチェロ(No.2)


車名は2002年用のマシンからネーミング。この年からボーダフォンがスポンサーとなる。

「F2002」をヨーロッパラウンド(第4戦サンマリノGP)でデビューさせるまでの間、「F2001B」を走らせることにしたチームだったが、ライバルチームの好調によりシューマッハは前倒しで第3戦から「F2002」をドライブ。バリチェロは予定通り第4戦からドライブ。

第1戦オーストラリアGPから、シューマッハー、バリチェロによるフロントロー独占でスタート。決勝ではラルフ(ウイリアムズ)がバリチェロに接触。8台を巻き込むアクシデント。シューマッハーが優勝。

第6戦オーストリアGPの最終ラップで、バリチェロがシューマッハーにトップをゆずる。チームオーダーが問題となり、FIAから両ドライバー、フェラーリに対して100万ドルの罰金。

第16戦アメリカGPでは、トップのシューマッハーが最終ラップゴール直前でペースダウン。2位のバリチェロが優勝。シューマッハーは記者会見で「バリチェロにお礼がしたかった」と言っていたが、実はバリチェロを待ってワンツーフィニッシュを決めようとしたが、フィニッシュラインを間違えてバリチェロに抜かれてしまったらしい。

2002年はシューマッハーの記録ずくめだった。年間11勝、17戦全戦表彰台。第11戦で早々とワールドチャンピオン決定。

シューマッハーは、ファン・マヌエル・ファンジオの持つ偉大な記録に並ぶ自身5度目のチャンピオン。

フェラーリとしても17戦15勝。圧倒的勝利でコンストラクターズ・タイトルも獲得。

▼2002年エントリーリスト

■スクーデリア・フェラーリ・マールボロ
エンジン : フェラーリ
マシン : F2001B/F2002
No.1 ミハエル・シューマッハ(ドイツ)
No.2 ルーベンス・バリチェロ(ブラジル)

■ウエスト・マクラーレン・メルセデス
エンジン : メルセデス
マシン : MP4-17
No.3 デビッド・クルサード(イギリス)
No.4 キミ・ライコネン(フィンランド)

■BMWウィリアムズF1チーム
エンジン : BMW
マシン : FW24
No.5 ラルフ・シューマッハ(ドイツ)
No.6 ファン・パブロ・モントーヤ(コロンビア)

■レッドブル・ザウバー・ペトロナス
エンジン : ペトロナス(フェラーリ)
マシン : C21
No.7 ニック・ハイドフェルド(ドイツ)
No.8 フェリペ・マッサ(ブラジル)
    ハインツ・ハロルド・フレンツェン(ドイツ)

■DHL・ジョーダン・ホンダ
エンジン : ホンダ
マシン : EJ12
No.9 ジャンカルロ・フィジケラ(イタリア)
No.10 佐藤琢磨(日本)

■ラッキーストライク・レイナード・ブリティッシュ・アメリカン・レーシング・ホンダ
エンジン : ホンダ
マシン : 004
No.11 ジャック・ヴィルヌーヴ(カナダ)
No.12 オリビエ・パニス(フランス)

■マイルドセブン・ルノーF1チーム
エンジン : ルノー
マシン : R202
No.14 ヤルノ・トゥルーリ(イタリア)
No.15 ジェンソン・バトン(イギリス)

■ジャガー・レーシング
エンジン : コスワース
マシン : R3
No.16 エディ・アーバイン(イギリス)
No.17 ペドロ・デ・ラ・ロサ(スペイン)

■オレンジ・アロウズ
エンジン : コスワース
マシン : A23
No.20 ハインツ・ハロルド・フレンツェン(ドイツ)
No.21 エンリケ・ベルノルディ(ブラジル)

■KL・ミナルディ・アジアテック
エンジン : アジアテック
マシン : PS02
No.22 アレックス・ユーン(マレーシア)
    アンソニー・デビッドソン(イギリス)
No.23 マーク・ウェバー(オーストラリア)

■パナソニック・トヨタ・レーシング
エンジン : トヨタ
マシン : TF102
No.24 ミカ・サロ(フィンランド)
No.25 アラン・マクニッシュ(イギリス)

シーズン


SNS



ページのトップへ戻る