アカクテハヤイフェラーリF1

「アカクテハヤイフェラーリF1」は、フェラーリに関する情報を
フェラーリ好きの一個人がまとめたサイトです。

トップ > F1グランプリ > 1998年

F1グランプリの歴史

■1998年

上方排気システム導入。グループドタイヤのレギュレーションスタート。

MACHINE :
F300(3リッターV10)
マシンデザイン :
ロリー・バーン
DRIVER :
ミハエル・シューマッハー(No.3)
エディ・アーバイン(No.4)


車名の「F300」は、3リッターから

グルーブドタイヤ規定がスタートし、タイヤに4本の溝が付く。ドライバーからは不満の声があがるが、開幕前のテストから結構速い。

ウイリアムズが青(ロスマンズ)から赤(ウィンフィールド)へカラーが変更される。

フェラーリが上方排気システムを導入したが1998年は他チームは真似をしない。後年他チームも追随するのだが。

第1戦でブリヂストン(マクラーレン)初めてのポールポジション。

開幕からマクラーレンが圧倒的な強さを示す。ただし、初戦でクルサードがペースダウンして、ハッキネンに優勝を譲ったのは物議を呼んだ。

ザウバー・ペトロナスのエンジンはフェラーリのカスタマーエンジンを搭載し、ドライバーはジャン・アレジ。しかし、エンジンがフェラーリでも、シャシー性能で劣るザウバーはスピードが上がらなかった。近代F1では、エンジン、シャシー、タイヤ、空力、ドライバーの総合的なポテンシャルが高くなければ結果を出すことは難しい。
ティレルがはじめたXウイングがついに禁止になる。当初からカッコ悪いとは思っていたが、他チームがどんどん導入していた。最終的にはフェラーリまでもが導入した。

虎之介デビュー。マシンが悪くて全く駄目。Xウイングを前提にデザインされたティレルマシンだったので、禁止されると空力的に問題があり、満足なマシンとは程遠かった。 また、マクラーレンのブレーキシステムに疑惑が生じた。速すぎるとたたかれる、F1界の常識です。

グッドイヤー市販車のタイヤの売上が大幅にダウン。撤退の影響か?フェラーリも市販車にグッドイヤーを履かせないと発表。ロードカーもブリヂストンにするのか?

カナダGPでクラッシュ続出。アレジ(ザウバー)のマシンの上に、トゥルーリ(プロスト)が乗り上げた。2度目のスタートでもアレジ、トゥルーリ、ハーバート(ザウバー・ペトロナス)がクラッシュでリタイヤ。

ベルギーGP(スパ・フランコルシャン)のスタート直後の多重クラッシュ。クルサード(マクラーレン・メルセデス)がコンクリートウォールにクラッシュ。13台のマシンがクラッシュして赤旗中断。動画はブログ記事からどうぞ。

同じベルギーGPで周回遅れのクルサードをパスしようとしたミハエル・シューマッハー(フェラーリ)が、クルサードに激突。珍しくミハエルが激怒して、マクラーレンのピットへ怒鳴り込みました。動画はブログ記事からどうぞ。

ミハエルは最終戦のスターティング・グリッドでストール。最後尾スタートになった時点でこのシーズンのチャンピオンシップは終わった。

ミカ・ハッキネン(マクラーレン・メルセデス)がチャンピオン。


▼1998年エントリーリスト

■ウィンフィールド・ウィリアムズ
エンジン : メカクローム
マシン : FW20
No.1 ジャック・ヴィルヌーヴ(カナダ)
No.2 ハインツ・ハロルド・フレンツェン(ドイツ)

■スクーデリア・フェラーリ・マールボロ
エンジン : フェラーリ
マシン : F300
No.3 ミハエル・シューマッハ(ドイツ)
No.4 エディ・アーバイン(イギリス)

■マイルドセブン・ベネトン・プレイライフ
エンジン : プレイライフ
マシン : B198
No.5 ジャンカルロ・フィジケラ(イタリア)
No.6 アレクサンダー・ブルツ(オーストリア)

■ウエスト・マクラーレン・メルセデス
エンジン : メルセデス
マシン : MP4-13
No.7 デビッド・クルサード(イギリス)
No.8 ミカ・ハッキネン(フィンランド)

■ベンソン&ヘッジス・ジョーダン・無限ホンダ
エンジン : 無限ホンダ
マシン : 198
No.9 デイモン・ヒル(イギリス)
No.10 ラルフ・シューマッハ(ドイツ)

■ゴロワーズ・プロスト・プジョー
エンジン : プジョー
マシン : AP01
No.11 オリビエ・パニス(フランス)
No.12 ヤルノ・トゥルーリ(イタリア)

■レッドブル・ザウバー・ペトロナス
エンジン : ペトロナス(フェラーリ)
マシン : C17
No.14 ジャン・アレジ(フランス)
No.15 ジョニー・ハーバート(イギリス)

■ダンカ・ゼプタ・アロウズ
エンジン : アロウズ(ハート)
マシン : A19
No.16 ペドロ・ディニス(ブラジル)
No.17 ミカ・サロ(フィンランド)

■スチュワート・グランプリ
エンジン : フォードZETEC-R
マシン : SF-2
No.18 ルーベンス・バリチェロ(ブラジル)
No.19 ヤン・マグヌッセン(デンマーク)
     ヨス・フェルスタッペン(オランダ)

■ティレル・フォード
エンジン : フォードZETEC-R
マシン : 026
No.21 高木虎之助(日本)
No.22 リカルド・ロセット(ブラジル)

■フォンドメタル・ミナルディ・フォード
エンジン : フォードZETEC-R
マシン : M198
No.22 中野信治(日本)
No.23 エスティバン・トゥエロ(アルゼンチン)



シーズン


SNS



ページのトップへ戻る