アカクテハヤイフェラーリF1

「アカクテハヤイフェラーリF1」は、フェラーリに関する情報を
フェラーリ好きの一個人がまとめたサイトです。

トップ > F1グランプリ > 1996年

F1グランプリの歴史

■1996年

シューマッハーがフェラーリに移籍。フェラーリ初のV10エンジン。シェルがスポンサーに。

MACHINE :
F310(3リッターV10)
マシンデザイン :
ジョン・バーナード
DRIVER :
ミハエル・シューマッハー(No.1)
エディ・アーバイン(No.2)


「F310」は、3リッターV10エンジンから命名。

前年ベネトンでチャンピオンを獲得したシューマッハーがフェラーリに移籍。カーナンバーが1になる。

1990年にプロストがマクラーレンから移籍してNo.1を持ってきた時と同じである。ちなみに、その時はNo.1を守ることはできなかった。例え前年のチャンピオンであろうとマシンに依存する部分が高いのが近代F1。戦術やドライビングに長けていても必ずしも連覇は難しいということである。

フェラーリ初のV10エンジン。元ホンダの後藤治氏の協力があった。

ギアボックスは7速のセミオートマで、熟成されてきているのでトラブルは少なかった。しかし、ジョン・バーナードデザインは空力的に失敗作で、当初ローノーズだったが、その後ハイノーズに変更されました。

新車が発表された時に驚いた。真正面から見たときインダクションポッドの左右の部分が異常に大きいのだ。バーナードはレギュレーションを真面目に受け入れ過ぎたのではないかと思った。
前年のウイリアムズのマシンを見れば解かることだが、インダクションポッド左右にフィンを立てて、FIAのレギュレーションの抜け道を突く方法は確立されていた。マクラーレンもそのスタイルを踏襲していたのだ。なのに、何故バーナードがこのようなデザインをしないで、独自の路線を進めたのか疑問だ。
メチャクチャ空気抵抗が大きいのが素人目でもわかる。

この新車発表の時点で「美しくない。」、「ダメかもしれない。」と思った。案の定だった。
シーズンはやはり、ウイリアムズルノーが強く、デーモン・ヒルがドライバーズ・チャンピオンになりました。

自分が気に入らなかったのは、ガソリン・サプライヤーがアジップからシェルになったこと。シューマッハーの契約金が高いので、それを負担する為にシェルになったらしいが、フェラーリにあの貝印は似合わない。やはり5本足の火を吹く犬(?)の方が速いでしょう。貝は走らないしね~。


▼1996年エントリーリスト

■スクーデリア・フェラーリ
エンジン : フェラーリ
マシン : F310
No.1 ミハエル・シューマッハ(ドイツ)
No.2 エディ・アーバイン(イギリス)

■マイルドセブン・ベネトン・ルノー
エンジン : ルノー
マシン : B196
No.3 ジャン・アレジ(フランス)
No.4 ゲルハルト・ベルガー(オーストリア)

■ロスマンズ・ウィリアムズ・ルノー
エンジン : ルノー
マシン : FW18
No.5 デイモン・ヒル(イギリス)
No.6 ジャック・ヴィルヌーヴ(カナダ)

■マルボロ・マクラーレン・メルセデス
エンジン : メルセデス
マシン : MP4-11
No.7 ミカ・ハッキネン(フィンランド)
No.8 デビッド・クルサード(イギリス)

■リジェ・ゴロワーズ・ブロンド
エンジン : 無限
マシン : JS43
No.9 オリビエ・パニス(フランス)
No.10 ペドロ・ディニス(ブラジル)

■ベンソン&ヘッジス・トタル・ジョーダン・プジョー
エンジン : プジョー
マシン : 196
No.11 ルーベンス・バリチェロ(ブラジル)
No.12 マーティン・ブランドル(イギリス)

■レッドブル・ザウバー・フォード
エンジン : フォードZETEC-R
マシン : C15
No.14 ジョニー・ハーバート(イギリス)
No.15 ハインツ・ハロルド・フレンツェン(ドイツ)

■フットワーク・ハート
エンジン : ハートV8
マシン : FA17
No.16 リカルド・ロセット(ブラジル)
No.17 ヨス・フェルスタッペン(オランダ)

■ティレル・レーシングオーガニゼーション
エンジン : ヤマハ
マシン : 024
No.18 片山右京(日本)
No.19 ミカ・サロ(フィンランド)

■ミナルディ
エンジン : フォードV8
マシン : M195B
No.20 ペドロ・ラミー(ポルトガル)
No.21 ジャンカルロ・フィジケラ(イタリア)
     タルソ・マルケス(ブラジル)
     ジョバンニ・ラバッジ(イタリア)

■フォルティ・コルセ
エンジン : フォードZETEC-R
マシン : FG01B/FG03
No.22 ルカ・バドエル(イタリア)
No.23 アンドレア・モンテルミニ(イタリア)

シーズン


SNS



ページのトップへ戻る