アカクテハヤイフェラーリF1

「アカクテハヤイフェラーリF1」は、フェラーリに関する情報を
フェラーリ好きの一個人がまとめたサイトです。

トップ > F1グランプリ > 1995年

F1グランプリの歴史

■1995年

412T2でアレジ悲願の初優勝。V12エンジン最後の年。

MACHINE :
412T2(3リッターV12 4バルブ)
マシンデザイン :
ジョン・バーナード
DRIVER :
ジャン・アレジ(No.27)
ゲルハルト・ベルガー(No.28)


翌年の1996年からV10が導入されることが決まっていたので、V12最後の年でした。またこの年から排気量は3リッターに制限され、またステップボトム規制も開始された。これらは前年のセナの事故死に関連した安全対策である。

マシン名の由来は前年同様、4バルブ12気筒、横置きトランスミッション(Transverse)から来ている。ややこしい。前年同様バーナードデザイン。

カナダGPではアレジが悲願の初優勝を飾る。モントリオールのジル・ビルニューヴサーキットで、ジルとドライビングスタイルが似ているといわれるアレジが、深紅のフェラーリ、しかもカーナンバー27で初優勝するとは出来すぎでしょう。

イタリアGPでは、アレジ、ベルガーがワン・ツーで走行中に、アレジのマシンからオンボードカメラが吹っ飛び、最悪なことにその吹っ飛んだオンボードカメラがベルガーのフロントサスペンションを直撃。ベルガーはすぐにリタイア。アレジも残り数周のところで、ピットイン。リヤタイヤのホイールベアリングが焼けてリタイア。この原因は吹っ飛んだオンボードカメラのケーブルがからまっていたようだ。ティフォシにとって、まさに天国から地獄という状況でした。



この年は、ウイリアムズ(デイモン・ヒル)とベネトン(ミハエル・シューマッハー)が非常に強かった。チャンピオンはシューマッハー。

翌年1996年にシューマッハーがフェラーリに加入することが発表される。
アレジは念願の優勝をしたものの契約は更新されず、チームメートのベルガーとともに、ベネトン・ルノーに移籍することになる。ベルガーはまたも以前在籍していたチーム(ベネトン)に復帰。人柄の良さか?確かにチーム内でのトラブルとか聞いたことがないですね。

▼1995年エントリーリスト

■マイルドセブン・ベネトン・ルノー
エンジン : ルノー
マシン : B195
No.1 ミハエル・シューマッハ(ドイツ)
No.2 ジョニー・ハーバート(イギリス)

■ノキア・ティレル・ヤマハ
エンジン : ヤマハ
マシン : 023
No.3 片山右京(日本)
ガブリエル・タルキーニ(イタリア)
No.4 ミカ・サロ(フィンランド)

■ロスマンズ・ウィリアムズ・ルノー
エンジン : ルノー
マシン : FW17/17B
No.5 デイモン・ヒル(イギリス)
No.6 デビッド・クルサード(イギリス)

■マルボロ・マクラーレン・メルセデス
エンジン : メルセデス
マシン : MP4-10/10B/10C
No.7 ナイジェル・マンセル(イギリス)
マーク・ブランデル(イギリス)
No.8 ミカ・ハッキネン(フィンランド)
ヤン・マグヌッセン(デンマーク)

■フットワーク・ハート
エンジン : ハートV8
マシン : FA16
No.9 ジャンニ・モルビデリ(イタリア)
マッシミリアーノ・パピス(イタリア)
No.10 井上隆智穂(日本)

■MTV・シムテック・フォード
エンジン : フォードV8
マシン : S951
No.11 ドメニコ・スキャッタレーラ(イタリア)
No.12 ヨス・フェルスタッペン(オランダ)

■トタル・ジョーダン・プジョー
エンジン : プジョー
マシン : 195
No.14 ルーベンス・バリチェロ(ブラジル)
No.15 エディ・アーバイン(イギリス)

■パシフィック・グランプリ
エンジン : フォードV8
マシン : PR02
No.16 ベルトラン・ガショー(フランス)
ジョバンニ・ラバッジ(イタリア)
ジャン=デニス・ドゥレトラーズ(スイス)
No.17 アンドレア・モンテルミニ(イタリア)

■パルマラット・フォルティ・フォード
エンジン : フォードV8
マシン : FG01
No.21 ペドロ・ディニス(ブラジル)
No.22 ロベルト・モレノ(ブラジル)

■ミナルディ・スクーデリア・イタリア
エンジン : フォードV8
マシン : M195
No.23 ピエロルイジ・マルティニ(イタリア)
ペドロ・ラミー(ポルトガル)
No.24 ルカ・バドエル(イタリア)

■リジェ・ジタン・ブロンド
エンジン : 無限
マシン : JS41
No.25 鈴木亜久里(日本)
マーティン・ブランドル(イギリス)
No.26 オリビエ・パニス(フランス)

■スクーデリア・フェラーリ
エンジン : フェラーリV12
マシン : 412T2
No.27 ジャン・アレジ(フランス)
No.28 ゲルハルト・ベルガー(オーストリア)

■レッドブル・ザウバー・フォード
エンジン : フォードZETEC-R(V8)
マシン : C14
No.29 カール・ベンドリンガー(オーストリア)
ジャン=クリストフ・ブイヨン(フランス)
No.30 ハインツ・ハロルド・フレンツェン(ドイツ)

シーズン


SNS



ページのトップへ戻る