アカクテハヤイフェラーリF1

「アカクテハヤイフェラーリF1」は、フェラーリに関する情報を
フェラーリ好きの一個人がまとめたサイトです。

トップ > F1グランプリ > 1983年

F1グランプリの歴史

■1983年

グランドエフェクト禁止。フラットボトム元年。フェラーリがコンストラクターズ・タイトル獲得。

MACHINE :
126C2B(1.5リッターV6ターボ)
126C3(1.5リッターV6ターボ)
マシンデザイン :
ハーベイ・ポストレスウエイト
DRIVER :
パトリック・タンベイ(No.27)
ルネ・アルヌー(No.28)


前半戦を126C2Bで戦い、後半イギリスGPから126C3を投入。
グランドエフェクト禁止。フラットボトム規制始まる。
アローシェイプと呼ばれるデザインが特徴だが、スタイル的にはバランスがいまひとつの気がする。

126C3はフェラーリ初のカーボンモノコック。

前年にドライバー2人を失ったので、新ドライバーとして、タンベイとアルヌーを起用。126C3はデビュー戦となるイギリスでいきなりフロントローを独占したが、決勝ではいいところがなかった。続くドイツGPではアルヌーが優勝、オランダGPではアルヌー、タンベイでワン・ツーフィニッシュするが、サーキットによって得意、不得意がはっきりしていた。それでもコンストラクターズ・タイトルは獲得できているのはすばらしい。

シーズン


SNS



ページのトップへ戻る