アカクテハヤイフェラーリF1

「アカクテハヤイフェラーリF1」は、フェラーリに関する情報を
フェラーリ好きの一個人がまとめたサイトです。

トップ > F1グランプリ > 1981年

F1グランプリの歴史

■1981年

フェラーリ初のターボエンジン。ジル・ビルニューブが2勝。

MACHINE :
126CK(1.5リッターV6ターボ)

マシンデザイン :
マウロ・フォルギエリ 
アントニオ・トマイーニ

DRIVER :
ジル・ビルニューブ(No.27)
ディディエ・ピローニ(No.28)


フェラーリ初のターボエンジンの126CKを実戦投入。ターボチャージャーはドイツKKK(キューレン・コップ・クラウジュ)社製
車名はV型120度6気筒から。1.5リッターV6なので、「156」と命名しても良さそうだが、156は以前に使用しているので126になったと思われる。
ジル・ビルニューブが2勝しました。

1981年は波乱の幕開け。FISAとFOCAが対立して、第1戦の南アフリカGPがシリーズからはずされてしまいました。
ツインシャシーのロータス88が登場したのもこの年。シャシーがツインでサスペンションでつながっている。速く走れば走るほど、路面に吸い付くというコーリン・チャップマンの考えだした画期的マシン。案の定、レギュレーション違反ということになってしまった。
ブラバムではゴードン・マーレーが考えたハイドロ・サスペンションが搭載された。

ウイリアムズ圧倒的有利と言われたこのシーズン。ブラバムのネルソン・ピケット(昔はピケではなく、ピケットと表記されていた)が頑張った。着実にポイントを稼いで、最終戦でロイテマン(ウイリアムズ)を逆転、1ポイント差でチャンピオンを獲得。
2009年現在、存続しているチームは、フェラーリ、ウイリアムズ、マクラーレンの3チームのみです。
2010年にはロータスが復活しますが昔を知るオールドF1ファンには同一チームとは思えないですよね。

シーズン


SNS



ページのトップへ戻る