アカクテハヤイフェラーリF1

「アカクテハヤイフェラーリF1」は、フェラーリに関する情報を
フェラーリ好きの一個人がまとめたサイトです。

トップ > カーラインアップ > ロードカー2000年代

Road Car 2000's

■360スパイダー(2000年)

3586ccV8 3.6リッターからネーミング。
モデナのスパイダーモデルであるが「モデナスパイダー」とは呼ばず、「360スパイダー」と呼ばれる。ドイツCTS社の自動式の幌開閉システムを初採用。

画像はホットウィール製1/43モデル

■550バルケッタ(2000年)

5473ccV12フロントエンジン 5.5リッターオープンモデルからネーミング。
デザインはピニンファリーナ。
「550バルケッタ ピニンファリーナ」と呼ばれることもある。「BARCHETTA」とはイタリア語で「小船」を意味する。448台の限定モデルで、マラネロではオプションだったレーシングスタイルシートが標準装備。シリアルナンバープレートが付くなど特別なものになっている。ソフトトップはあくまで簡易式のもの。

画像はアシェットフェラーリコレクション

■575Mマラネロ(2002年)

5748ccV12フロントエンジン 5.75リッター モディファイからネーミング。
550マラネロからスープアップ。排気量アップにともなってインテークが大きくなった程度で外観上はほとんど変わらない。パドルシフトによる2ペダルの「F1マチック」が搭載された。「M」はモディファイのイタリア語「モディフィケート」を意味する。

画像はイクソ製1/43モデル

■エンツォ・フェラーリ(2002年)

5998ccV12 2シーターリアエンジン
288GTO→F40→F50→ENZOへと続くプレミアムモデル。フロントデザインが近代F1のハイマウントノーズを連想させる。トランスミッションは「F1マチック」のみでマニュアルは存在しない。デザインはピニンファリーナに在籍する日本人、ケン奥山(奥山清行氏)によるもの。発表時には349台の生産予定だったが、後に増産され399台と言われている。

画像はイクソ製1/43モデル

■CHALLENGE STRADALE(2003年)

3586ccV8 3.6リッター
「360モデナ」「360スパイダー」「360Challenge」の最終モデルのロードバージョン「チャレンジ・ストラダーレ」。チャレンジ風のメッシュ・リア・グリルやレーシングストライプ。軽量素材を存分に使用し徹底的な軽量化が計られた。

画像は京商製1/64モデル サンクス・サークルK限定第6弾

■F430(2004年)

4308ccV8 2シーターリアエンジン 4.3リッターからネーミング。
360モデナの後継モデル。フロントの大きなインテークが往年の156F1のシャークノーズを彷彿とさせる。テールランプのデザインはエンツォを踏襲している。 ローンチコントロール採用。電子制御ディファレンシャル・システム(E-DIFF)搭載。F355と360に採用されていた1気筒5バルブから4バルブに変更になった。
2005年に右ハンドル仕様、アメリカ仕様が発売された。
スパイダーモデル「F430スパイダー」も半年後にデビュー。

画像はイクソ製1/43モデル。

■スーパーアメリカ(2004年)

5748ccV12フロントエンジン。
「Super america」は、575Mマラネロを基本として回転式の電動格納ルーフを備えた北米市場向けモデル。ルーフに採用されたのはサンゴバン・セクリット社が開発したエレクトロクロミックガラスで電子制御で透過率を変えられるガラス。カブリオレでもクーペでも乗用可能。セミオートマ・マニュアルの2種あり。599台の限定販売。

画像は京商製1/64モデル サンクス・サークルK限定第5弾 オープンエア

■612スカリエッティ(2004年)

5788ccV12 フロントエンジン 2+2モデル
車名は6リッター、12気筒を意味する。厳密には5788ccで、エンツォに積まれていたエンジンの方が5998なので6リッターに近いのだが、フェラーリ特有な強引なネーミング。 「Scaglietti」は現在はフェラーリに吸収された往年のカロッツェリアから命名された。マニュアルのほかにパドルシフトのF1マチックも用意されている。サイドのデザインはイングリッド・バーグマンに贈られた375MMのデザインがモチーフになっている。
2005年に「HGTCパッケージ」が発表された。これは、ハンドリングGTCパッケージと呼ばれるもので、CCMローター、6ポッド・カラード・キャリパー、ボール・ポリッシュ・モジュラー・ホイール、スポーツ・エグゾースト・システム、サスペンション、F1変速プログラムアップグレードソフトを装備したもの。

画像のミニカーはホットウィール1/18

■F430スパイダー(2005年)

4308ccV8 2シーターリアエンジン 4.3リッターからネーミング。
360モデナの後継モデル。フロントの大きなインテークが往年の156F1のシャークノーズを彷彿とさせる。テールランプのデザインはエンツォを踏襲している。電子制御ディファレンシャル・システム(E-DIFF)搭載。
ソフトトップは油圧で開閉。時速5Km以下なら走行中でも開閉可能である。

画像はホットウィール製1/64モデル

■599GTB フィオラノ(2006年)

5,999cc V12 フロントエンジン2シーター 「Fiorano」はフェラーリ所有の自社サーキット。
F1マチックの進化版「F1 SuperFast」搭載。Cピラーとリア2灯式ランプが特徴的。
日本では某企業がフィオラノの商標を登録している関係で「599」と言う車名になる。
エンジンはエンツォに搭載されていたF140系。
575Mマラネロの後継車。

画像はエンターベイ製1/43モデル

■612スカリエッティ セッサンタ (2007年)

フェラーリ60リレーのフィナーレ(2007/6/23)にマラネロで発表された「Ferrari 612 scaglietti sessanta」。セッサンタとはイタリア語で「60」という意味。フェラーリの60周年を記念したスペシャルモデル。2トーンのボディカラーと専用のインテリアカラーを採用。ルーフには透明度が好みに調整可能な新世代のエレクトロクロミック・ガラス・ルーフを装備。
販売台数は60台限定。

612スカリエッティ セッサンタの画像はブログ記事でどうぞ。

画像はホットウィール「フェラーリレーサーズ フェラーリGTアソート2009  No.13」1/64モデル。

■430 Scuderia (2007年)

4308ccV8 2シーターリアエンジン 4.3リッターからネーミング。
「F430」「F430スパイダー」「F430Challenge」の最終モデルのロードバージョン。 360モデナの際は「チャレンジ・ストラダーレ」とネーミングされたが、今回は「スクーデリア」と命名。「スクーデリア」とはイタリア語で「厩舎」を意味するが、フェラーリでスクーデリアと言えば「スクーデリア・フェラーリ」。すなわち「チーム」を意味する。思い切ったネーミングです。

F430から100キロ軽量化され、新しくなったF1 SuperFast、F430から搭載された電子制御ディファレンシャル・システム(E-DIFF)搭載、612スカリエッティHGTCパッケージにも採用されたカーボンセラミックブレーキ CCM採用。

画像はホットウィール製1/64モデル

■California (2008年)

4308ccV8 フロントミッドシップFR パワーユニットはF430と共通。
フェラーリ初のV8フロントミッドシップ。4.3リッターV8エンジンは7500rpmで460PS。7速デュアルクラッチ・トランスミッション、「F1トラック」トラクションコントロールと組み合わされ、0-100km/h加速は4秒以下。ブレンボのカーボンセラミック・ディスクブレーキ採用。リトラクタブルハードトップを備えるツープラス。

車名同様に1958年の250GTカリフォルニアのモチーフがデザインにも反映されている。デザインはピニンファリーナ。

Californiaの画像はブログ記事でどうぞ。

2010年秋のパリモーターショーで「HELE(ハイ・エモーション/ ロー・エミッション)」を初設定。アイドリングストップ機能を採用。信号待ちなどで停車するとエンジンは自動的に止まり、発進時にはわずか230ミリセコンドという短時間でエンジンが再始動する。

2012年 30馬力アップ、30キロ軽量化の「カリフォルニア30」が発表。

2013年 限定10台の日本特別仕様「カリフォルニア30ジャッポーネ」を発表。

画像はホットウィール製1/43モデル

■スクーデリア・スパイダー16M (2008年)

4308ccV8 2シーターリアエンジン。
430スクーデリアのオープンモデル。
2008年11月「フィナーリ・モンディアーリ」で発表されたモデル。フェラーリは2008年F1グランプリで16回目のコンストラクターズ・チャンピオンを獲得。それを記念して限定499台が生産されるモデル。

スクーデリア・スパイダー16Mの画像はブログ記事でどうぞ。

画像はブラーゴ製1/43モデル

■599GTBフィオラノHGTE(2009年)

2006年モデルの599GTBフィオラノに足回りのチューニングでハンドリング性能を引き上げたスポーツ仕様。
HGTEとは、「ハンドリングGTエボルツィオーネ」の略。
612スカリエッティのHGTCパッケージと同種のアップグレード。

■458イタリア(2009年)

4499ccV8 2シーターリアエンジン。F430の後継モデル。
ミッドシップモデルとしては初の直噴ユニット。デュアルクラッチ式7速2ペダルMTの「F1マチック」採用。
サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン、リアはマルチリンク。電子制御デファレンシャルの「Eデフ」と車輌姿勢制御システム「F1トラック」搭載。

画像はシュコー製1/64モデル

年代別


SNS


ページのトップへ戻る