アカクテハヤイフェラーリF1

「アカクテハヤイフェラーリF1」は、フェラーリに関する情報を
フェラーリ好きの一個人がまとめたサイトです。

トップ > カーラインアップ > ロードカー90年代

Road Car 1990's

■512TR(1992年)

4942cc 水平対向12気筒。5リッター12気筒エンジンからネーミング。TR=テスタロッサ
85年のテスタロッサの進化型。外観上の大きな違いはあまりない。リアエンジンフードや、バンパー下部がボディと同色である部分から区別することができる。

画像は京商製サークルK・サンクスフェラーリ第4弾1/64モデル。

■348Spider(1993年)

3405ccV8 3.4リッターV8からネーミング。
348シリーズのオープンモデル。
タルガトップスパイダーが一般的だったスモールフェラーリに初のソフトトップが登場した記念すべきモデルです。
1993年2月にスパイダーを発表した後、11月にはマイナーチェンジされた348GTB、348GTSを発表したにもかかわらず翌1994年秋には後継モデルのF355が登場したので短命に終わる。

画像は京商製サークルK・サンクスフェラーリ第5弾1/64モデル。

■456GT(1993年)

5474ccV12 1気筒あたりの排気量456ccからネーミング。フロントエンジン。
412以来の2+2(4シーター)。久しぶりに1シリンダーあたりの排気量によるネーミングが復活した。
1996年にオートマチック搭載の「456 GTA」を発表。

画像はMINICHAMPS[Pauls Mode Art]製1/43モデル。

■F355ベルリネッタ(1994年)

3496ccV8 5バルブ。358ではなく、355(3.5リッター5バルブ)と命名された。
348シリーズの後継モデル。ルカ・ディ・モンテツェモーロ体制の初モデル。頭にFERRARIを意味する「F」が付けられるようになる。タルガトップのGTSもあわせて発表された。また、パドルシフトによる2ペダルの「F1マチック」搭載モデルもあり。95年にはソフトトップのスパイダーと、ワンメイクレース用のチャレンジモデルも市販された。

画像はMINICHAMPS[Pauls Mode Art]製1/43モデル。

■F355 GTS(1994年)

3496ccV8 5バルブ。358ではなく、355(3.5リッター5バルブ)と命名された。
タルガトップスパイダー

画像はホットウィール製1/18モデル。

■F512M(1995年)

4942cc 水平対向12気筒。 5リッター12気筒モディファイからネーミング。
テスタロッサ(85年)→512TR(92年)。その後の512シリーズ最終モデル。モンテツェモーロ社長による指揮で改良された。Fは「Ferrari」、「M」はモディファイのイタリア語「モディフィケート」を意味する。空力を意識してリトラクタブルヘッドライトを廃止した。その他は外観上大きな違いはない。

画像はホットウィール製1/43モデル。

■F50(1995年)

4700ccV12 ミッドシップエンジン。
F40の後継モデル。
フェラーリ創設50周年記念モデル。
エンツォの息子であるピエロ・フェラーリが発案した。
1991年のF1「641」系列の技術が投入され「公道を走るF1」と呼ばれた。特にボディ下面はF1同様フラットボトムによるエアロダイナミクス処理が施された。スパイダーが基本でデタッチャブル・ルーフを装着することでクーペになる。349台限定販売。
デザインはピニンファリーナが担当。

■550マラネロ(1996年)

5473ccV12フロントエンジン 5.5リッターからネーミング。
365GTB/4以来のフロントエンジン2シーター。「Maranello」はフェラーリの本拠地の地名。

画像はホットウィール製1/43 SHELLモデル

■456M GT(1998年)

5474ccV12 1気筒あたりの排気量456ccからネーミング。フロントエンジン。
1993年に発表された412以来の2+2(4シーター)「456GT」のモデルチェンジ。「M」はモデファイの頭文字。外観上の区別の方法はフロントグリル。ウインカーが小さくなり丸型ランプの付いたものが「M」。また、ボンネットは軽量化のためにカーボンになり、アウトレットが無くしてグラマラスなラインになった。
インテリアも大々的に変更されラグジュアリーになっている。

画像はホットウィール製1/64モデル。

■360モデナ(1999年)

3586ccV8 3.6リッターからネーミング。
F355の後継モデル。モンテツェモーロの方針で頭に「F」がつくはずであったが、このモデルでははずされていた。数字の後ろの「modena」は、エンツォがモデナ近郊のエミリアで生まれたことから。アルミ製スペースフレーム初採用。
F1マチックあり。チャレンジモデルあり。その後2003年にチャレンジ・ストラダーレ発表。

画像はホットウィール製1/43モデル

年代別


SNS


ページのトップへ戻る