アカクテハヤイフェラーリF1

「アカクテハヤイフェラーリF1」は、フェラーリに関する情報を
フェラーリ好きの一個人がまとめたサイトです。

トップ > カーラインアップ > F1マシン70年代

Formula Machine 1970's

■1970年

■312B
3リッター 12気筒 水平対向ボクサー(Boxer)エンジンの頭文字からネーミング。
フェラーリ黄金時代を築くボクサーエンジンが初登場。水平対向ボクサーエンジン(フラット12)と呼ばれることが多いが厳密には180度のV型エンジンである。V12に対して軽量化、低重心化に成功。リアカウル上面をフラットにすることで空力にも貢献。ジャッキー・イクスが最終戦までチャンピオン争いをするが惜しくも2位。ドライバーズタイトルはイタリアGPで事故死したヨッヘン・リント(ロータス・フォード)が獲得。

画像はダイドーデミタスコーヒー キャンペーンミニカー。

●マシンデザイン :マウロ・フォルギエリ
●DRIVER :ジャッキー・イクス/イグナツィオ・ギュンティ

■1971年

■312B2
3リッター 12気筒 水平対向ボクサー(Boxer)エンジンの頭文字からネーミング。312Bシリーズの2番目のモデルを意味する。水平対向ボクサーエンジン(フラット12)と呼ばれることが多いが厳密には180度のV型エンジンである。
3戦までは312Bで出走。4戦目から312B2が登場。
前年の好調が嘘のように低迷。イクスとアンドレッティが各1勝。ジャッキー・スチュワート(ティレル・フォード)がチャンピオンを獲得。

●マシンデザイン :マウロ・フォルギエリ
●DRIVER :ジャッキー・イクス/クレイ・レガッツォーニ/マリオ・アンドレッティ

画像はアシェットフェラーリコレクションのミニカー

■1972年

■312B2
3リッター 12気筒 水平対向ボクサー(Boxer)エンジンの頭文字からネーミング。312Bシリーズの2番目のモデルを意味する。水平対向ボクサーエンジン(フラット12)と呼ばれることが多いが厳密には180度のV型エンジンである。
前年の312B2をモディファイしながら参戦。ドイツGP(ニュルブルクリンク)でのイクスの1勝のみに終わった。

●マシンデザイン :マウロ・フォルギエリ
●DRIVER :ジャッキー・イクス/クレイ・レガッツォーニ/マリオ・アンドレッティ/ナンニ・ギャリ/アルトゥール・メルツァリオ

■1973年

■312B3
3リッター 12気筒 水平対向ボクサー(Boxer)エンジンの頭文字からネーミング。312Bシリーズの3番目のモデルを意味する。水平対向ボクサーエンジン(フラット12)と呼ばれることが多いが厳密には180度のV型エンジンである。
シーズン終盤には「312B3S」が登場。

画像はサクラの「312B3」。約1/55トミカサイズのミニカー。

●マシンデザイン :マウロ・フォルギエリ/フランコ・ロッキ
●DRIVER :ジャッキー・イクス/アルトゥール・メルツァリオ

■1974年

■312B3
3リッター 12気筒 水平対向ボクサー(Boxer)エンジンの頭文字からネーミング。312Bシリーズの3番目のモデルを意味する。水平対向ボクサーエンジン(フラット12)と呼ばれることが多いが厳密には180度のV型エンジンである。
前年の312B3に改良を加え好調。翌年の312Tに近いフォルムを持つ。
レガッツォーニ1勝、ラウダ2勝。ドライバーズランキングもレガッツォーニ2位、ラウダ4位。完全に復調しました。

画像はHotwheelsエリートシリーズのスペインGP優勝(フェラーリ通算50勝)の「312B3」。1/43サイズのミニカー。

●マシンデザイン :マウロ・フォルギエリ
●DRIVER :クレイ・レガッツォーニ(No.11)/ニキ・ラウダ(No.12)

■1975年

■312T
3リッター 12気筒 横置きトランスミッション(Transverse)の頭文字からネーミング。水平対向ボクサーエンジンであることに変更はないが「B」は付かない。フラット12と呼ばれることが多いが厳密には180度のV型エンジンである。
第3戦から312Tを投入。ラウダが5勝してドライバーズチャンピオンを獲得。
トランスミッションを横置きにすることで、最高のシャシーとナチュラルなハンドリングを実現した傑作マシン。
画像はアシェットフェラーリコレクションのミニカー

●マシンデザイン :マウロ・フォルギエリ/フランコ・ロッキ
●DRIVER :クレイ・レガッツォーニ(No.11)/ニキ・ラウダ(No.12)

■1976年

■312T  第1戦~第3戦
3リッター 12気筒 横置きトランスミッション(Transverse)の頭文字からネーミング。312Tシリーズの2番目のモデルを意味する。フラット12と呼ばれることが多い水平対向ボクサーエンジンだが厳密には180度のV型エンジンである。
インダクションボックスの高さ制限によりエアインテークがコックピット左右に配置された。
ドイツGPのニキ・ラウダの大事故のマシンとしてもあまりにも有名。
クラッシュの動画はこちら。

●マシンデザイン :マウロ・フォルギエリ/フランコ・ロッキ
●DRIVER :ニキ・ラウダ(No.1)/クレイ・レガッツォーニ(No.2)/カルロス・ロイテマン(No.35)

カルツォ(1/43) 

■1976年

■312T2
●マシンデザイン :マウロ・フォルギエリ/フランコ・ロッキ
●DRIVER :ニキ・ラウダ(No.1)/クレイ・レガッツォーニ(No.2)/カルロス・ロイテマン(No.35)
エイダイグリップ(1/20)

■1977年

■312T2
3リッター 12気筒 横置きトランスミッション(Transverse)の頭文字からネーミング。312Tシリーズの2番目のモデルを意味する。フラット12と呼ばれることが多い水平対向ボクサーエンジンだが厳密には180度のV型エンジンである。
前年の「312T2」で引き続き参戦。
ニキ・ラウダが2戦を残しチャンピオンを獲得。残り2戦は出走しなかった。その2戦に出走したのがジル・ビルニューブ。しかもそのうちの1戦があの「F1世界選手権イン・ジャパン」。ジル・ビルニューブがコースアウトして死亡者が出たあのレースです。

●マシンデザイン :マウロ・フォルギエリ/フランコ・ロッキ
●DRIVER :ニキ・ラウダ(No.11)/カルロス・ロイテマン(No.12)/ジル・ビルニューブ(No.21・No.11)
312T2京商フェラーリF1コレクション第2弾(1/64)

■1977年

■Ferrari 312T2
ラウダ 6輪テスト仕様 (ホットウィール1/43)

■1978年

■312T2
3リッター 12気筒 横置きトランスミッション(Transverse)の頭文字からネーミング。312Tシリーズの2番目のモデルを意味する。フラット12と呼ばれることが多い水平対向ボクサーエンジンだが厳密には180度のV型エンジンである。
■312T3
3リッター 12気筒 横置きトランスミッション(Transverse)の頭文字からネーミング。312Tシリーズの3番目のモデルを意味する。フラット12と呼ばれることが多い水平対向ボクサーエンジンだが厳密には180度のV型エンジンである。
「T2」の特徴であったエアインテークが「T3」では廃止された。この年からミシュランのラジアルタイヤを使用。フロントウイングに大きくミシュランのロゴが入る。

画像は京商フェラーリF1コレクション第2弾(1/64)

●マシンデザイン :マウロ・フォルギエリ
●DRIVER :カルロス・ロイテマン(No11)/ジル・ビルニューブ(No.12)

■1979年

■312T4 3リッター 12気筒 横置きトランスミッション(Transverse)の頭文字からネーミング。312Tシリーズの4番目のモデルを意味する。 フラット12と呼ばれることが多い水平対向ボクサーエンジンだが厳密には180度のV型エンジンである。 フェラーリ初のグランドエフェクトマシン。ジョディ・シェクターがチャンピオン獲得。 画像はミニチャンプスの1/43ミニカー ●マシンデザイン :マウロ・フォルギエリ ●DRIVER :ジョディ・シェクター(No.11)/ジル・ビルニューブ(No.12)

年代別


SNS


ページのトップへ戻る