アカクテハヤイフェラーリF1

「アカクテハヤイフェラーリF1」は、フェラーリに関する情報を
フェラーリ好きの一個人がまとめたサイトです。

トップ > カーラインアップ > コンペティションマシン80年代

Competition Machine 1980's

■512BB LM(1980年)

4942cc 水平対向12気筒 5リッター12気筒エンジンからネーミング。BB=ベルリネッタボクサー LMはル・マンの意。
1979年よりピニンファリーナの風洞実験を続け、ついにル・マン用のスペシャルマシンが登場した。

アシェット婦人画報社「フェラーリコレクション」1/43。1980年ル・マン出場車

■512BB LM(1982年)

4942cc 水平対向12気筒 5リッター12気筒エンジンからネーミング。BB=ベルリネッタボクサー LMはル・マンの意。
1979年よりピニンファリーナの風洞実験を続け、ついにル・マン用のスペシャルマシンが登場した。

イクソ製1/43。 1982年ル・マン出場車

■288GTO Evoluzione(1984年)

2855ccV8 4バルブ ツインターボ 2.8リッターV8からネーミング。
288GTOの進化版エボリューションモデル。F40の基礎となったモデルと言われているマシン。

■F40LM(1989年)

2936ccV8 ツインターボ
エンツォが発案したフェラーリ創設40周年記念モデル。288GTO、288GTOエボルツォーネで開発してきた32バルブV8エンジンを搭載。レース仕様の要望が高かったため、ごく少数のコンペティション仕様のF40LMを製作。LMはル・マンの意。しかし、ル・マンではなくIMSAシリーズに参戦した。F40LMがル・マンに登場したのは5年後の1994年のことである。

画像はイクソ製1/43ミニカー
1994年ル・マンに出走した29号車。9時間目にリタイア。

年代別


SNS


ページのトップへ戻る